若々しいのは風俗のおかげ

風俗に行くことで若さを保っている僕の体験談を載せています。

風俗嬢に感じる場所を教えてもらった

エッチの時に女の子を喜ばせようと思って、アソコだけでなくお尻の穴も舐めてみた。すると、なぜか思いっきり恥ずかしがっていきなりビンタされた。それ以来彼女とは二度と会う事がなかったんだけど、まさかエッチのやり方で嫌われるとは思わなかった。エッチのやり方なんてある意味個性だし、もし苦手なことがあったらお互い話し合って改善していけばいいだけだから、単純にハズレな女に当たったと思ってあきらめることにした。でも、やっぱり女性を気持ちよくさせるテクが知りたかったのでデリヘルに電話をかけて、女性を気持ちよくさせるテクを教えてくれそうな風俗嬢を指名した。いつもならデリヘルに電話を掛けるときには自分が性欲処理をしてもらうことが優先だったので、何となく不思議な感じがしたけど本気でエッチが上手くなりたかった。今回エッチしてくれた風俗嬢は女性経験もあるツワモノだった。そのため、オナニーもめちゃめちゃうまく俺の前で激しく感じるところを見せてくれた。そして、どこが感じるか教えてくれたのですごく参考になった。
木にもたれる女性

風俗嬢に攻めてもらった

基本的に一般女性とエッチをするときは男性が攻めるパターンが多い。男性が相手にキスをして全身を軽く舐めながら愛撫していき、最後は肉棒で思いっきり動くことになるのだが、なぜ女性はいつも黙ってやられるばかりなのだろうか。たまには男性の俺も女性に言葉攻めをされながら、恥ずかしい想いをしていっぱい感じてみたい。付き合っている彼女に自分の希望を伝えてみると、全く相手されなかったのでデリヘルに電話をかけて希望プレイをやってもらえる風俗嬢がいるか聞いてみた。本当は彼女がいるのにデリヘルには電話をかけたくなかった。風俗嬢とエッチをすればたぶん彼女とエッチをやってもつまらなくなるだろうし、出来ることなら避けたかった。でも、自分の性癖をうまく刺激してほしいと思うしすごく気持ちよくなりたかった。風俗嬢は俺の耳元で何度もいやらしい言葉をささやいてくれて、何度も射精しそうになったのを寸止めした。何度も何度も快感が湧いてきてヤバいくらい気持ちよくて、俺は最後にいつもの倍以上の精液を吐き出した。